マイナンバー管理をアウトソーシング

マイナンバーは企業でも社会保険や税の手続きにおいて管理をしなければならなくなります。

企業で働いている従業員が社会保険に加入する場合は手続きを行う必要があるということと、企業は所得にかかる税金を徴収するため源泉徴収票の発行や支払調書の発行が必要となり、これら社会保険や税にマイナンバーが必要となってくるのです。
マイナンバーはなりすましを防止する必要もあるために本人確認が必要となります。

産経ニュースに関するお役立ちコンテンツ満載です。

本人確認には個人情報もあり、きちんと管理しなければならないということと、番号法という法律に基づいて管理もしなければなりません。

マイナンバーのアウトソーシングをご紹介いたします。

その上で企業は利用と提供を行うことができ、それも法律で定められた利用目的のみに使用することができます。

セキュリティという面でも漏洩しないように管理しなければなりません。
保管ということだけでなく、廃棄する場合も速やかに廃棄、削除をする必要もあります。

企業としては安全管理措置を行う必要があり、物理的、技術的な安全管理措置が求められることになります。もちろんこれらマイナンバーや個人情報が漏洩してしまうと罰則があります。
場合によっては社会的信用を失ってしまうようなことにもなりかねません。

そのためよりセキュリティや管理レベルが高い業者へアウトソーシングを行う方法があります。アウトソーシングは収集から管理まで行ってもらうという方法で、企業は必要最低限の情報をアウトソーシング業者と受け渡しをすることで管理をしてもらうことが可能となるのです。