マイナンバー制度とアウトソーシング

マイナンバーは、個人の場合は必要な人のみ個人番号カードを取得するための申請を行なうことになりますが、そうでなければ必要となるまで特に対応しなければならないような事態は起きません。
ただ、企業の場合は、従業員の健康保険や厚生年金など社会保障関連の手続きや、年末調整・住民税納付などの税関係の手続きをする場合の行政に提出する書類へのマイナンバーの記載が必要となるため、影響は大です。


どの業務にマイナンバーが必要となるのか、帳票やシステム類など何が関係してくるのかという業務の洗い出しからルールの作成、システムの改変などやらなければならないことがたくさんです。

ビジネスジャーナルに関する情報の一覧です。

従業員が少数の小さな会社ならまだ何とかなっても、大企業ともなるとその業務量は大量です。

その場合は、マイナンバー対応の人員を割くという方法もありますが、アウトソーシングサービスを利用するのもよいでしょう。

素人が集まって業務にあたるよりもアウトソーシング会社の方が効率的に業務をこなすことができます。



アウトソーシング会社は民間企業だけでなく公共団体なども対象にサポートを行なってくれます。新たに出てきたばかりの制度で知識もノウハウも無い状態で、どの企業も対応に苦労しています。

専門家に任せたほうが楽でスピーディーで良いのです。
安全に収集・管理するとともに、必要なときに安全に使用できるようきちんと管理してもらいましょう。

マイナンバーのシステム情報を利用してみませんか?

さまざまな情報がすべて詰まった大切な個人情報だけにその取り扱いには注意が必要です。