マイナンバーに関する誤解と安全な保管

マイナンバーに関しては、色々な誤解が存在しています。

他人に番号を教えると自分の個人データが全て相手に知られてしまう恐ろしいシステムだ、といった誤解もあります。新聞やテレビ等の大手メディアが、制度の仕組みをよくわからないまま怖いものだと解説する事例が過去に相撞き、そういった誤った情報が市民に伝わっています。

マイナンバーの番号はむしろ行政や労働現場で、他人に教えなければいけないものです。

また上司が部下に対してマイナンバーの提出を求める、行政窓口のスタッフが市民にその内容を尋ねる事は正当な行為です。

それをさも危険な行為だと風調する識者やマスコミが存在するため、未だにマイナンバーを受け取らない、あるいは頑なに情報を伝えず、周囲に迷惑をかけてしまっている方々がいるのも事実です。

マイナンバーの番号を行政のスタッフに教えても、その人物が閲覧出来るのはその分野に関するデータのみになります。



例えば、年金の窓口であれば年金系のデータのみが閲覧出来る仕組みで、他の福祉や税、医療などのデータは勝手に覗く事は不可能です。

また会社の場合も同様で、部下の番号を上司が知ったとしても、それが給与や保険以外の手続きで悪用される心配はありません。

唯一気をつけたいのはハッカー等の外部の悪者の存在です。

特に企業の個人情報は狙われやすいものですので、番号のデータは厳重に保管しなければいけません。

マイナンバーの保管情報を見付けるのに、このサイトを参考にしてみてはいかがでしょう。

セキュリティ対策が不十分だと保管していた社員のデータがハッカーに盗まれます。

日本経済新聞を「よくわからない」と思っているあなたも、詳しい情報を見れば考え方が変わります。

あるいは保管データを外部の人間に破壊されると、業務が一気にストップしますので、制度が本格的に施行された今、企業はより一層のセキュリティ対策に乗り出す必要が出てきました。